2017.11.24

重慶旅行記−9  10/30(月) 

重慶最終日。


Cimg1676

動物園のパンダ館。パンダは熊猫と書くのね。

Cimg1627

レッサーパンダの横に、普通にパンダがいます。驚きました。

Cimg1630

茶色いパンダ。

Cimg1637

哀愁漂うパンダの背中。

Cimg1651

1エリアに一頭ずつパンダがいます。

Cimg1669

笹を食べるパンダの遠近法。

Cimg1679

狼やホワイトタイガーもいました。これは草原の狼ですが、
日本狼は絶命したという話をガイドとしていました。

空港まで専用車で送っていただいて、お別れの時にガイドが
「あなたは裕福で(中国ではお金持ちという意味には使いません)、
優しくて,楽しい人」という、嬉しい評価をいただきました。
さらに「毎日奇跡的に天気が良く、渋滞もなく、いつかさんはすごいっ!」と。
実は、そうなれる環境を作って下さった、あなた方のおかげなのですが……。
本当に、良い方たちに巡り会えた旅でした。
中国はいろいろな都市を回りましたが、おかげで最も好きな街になりました。

Cimg1696

空港の中の中信書店。

Cimg1698

東京で1年暮らした中国人の話です。

Cimg1697

Cimg1701

そして機上の人となり……とんがらし麺が人気です!

Cimg1705

重慶のお土産。これから皆様にお配りします。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.23

重慶旅行記−8  10/29(日)  2/2

Cimg1595

大足石刻の帰り道、軍の学校。

非常に大きな学校です。学生に対して国が力を入れていることがわかります。
朝6時半から夜12時まで、図書館が開放されています。 

Cimg1608

磁器口古鎮にて。

Cimg1605

ラップに合わせてイカゲソ串をブンブン振るので、
前にいるとタレがひっかかる。
でもみんな見ている。

Cimg1604

ビーフン屋のパフォーマンス。
まるでバナナの叩き売りみたい。

Cimg1615

ビーフン屋のパフォーマンスは子どもが大好き。
ずっと魅入って離れません。

Cimg1606

お正月でもないのに餅つき。
各出店がパフォーマンスに趣向を凝らしている。

Cimg1600

亀ゼリー。香港だけじゃなかったのね。

Cimg1607

唐辛子屋。飛びます!飛びます!

Cimg1610

中国にもいる交通安全オバさん。

Cimg1613

洪崖洞民俗文化崖散策。まるで台湾みたいですね。

Cimg1618

火鍋にさらに辛みを入れるようですが……遠慮します。

Cimg1684

Cimg1678

重慶の子供達。

重慶最後の夜は、眺めの良い南濱路レストランにて。
Img_7777
冷蔵庫から串を取ってきて食べます。

Img_7786

油の鍋で揚げて……。

Img_7782

これが噂のマーラーで、揚げた串をこれにつけていただきます。

Img_7776

唐辛子はよけて食べるので、食べられるの1/5ぐらいでしょう。
美味しいけど辛かった。

Cimg1623

兎の肉。

Img_7790

ウオッカみたいな強い酒。
パッケージの女の人が中身と全然関係ないのが面白い。
ビールはチェイサー代わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.22

重慶旅行記−7  10/29(日)  1/2

2日目の朝食は雲呑屋さんにて。

Cimg1510

Cimg1511

Cimg1517

豆乳と雲呑。昨日よりはやや辛い。

Cimg1530

重慶から車で2時間の大足。

世界遺産の宝頂山石刻+北山石刻見学。

この日も小雨で、車を降りたら傘要らず。

Cimg1537

雨上がりのフィトンチッド。
森林浴効果が得られます。

Cimg1539
釈迦。

Cimg1541

五百羅漢。

Cimg1548

石仏大仏は工事中。

Cimg1550

千手観音。

Cimg1579

大足にて。

泉谷しげるのような美術大の学生さん。

Cimg1575

大足の近くの田舎料理。ここにしか生息しない、

長い生姜と鶏肉の炒め物。これは絶品!
 
銀座の中華料理屋でもイケるでしょう。

Cimg1573

イカと野菜。細かく切るのが難しいらしい。

Cimg1574

田舎名物の茄子の炒め物。見た目ほど辛くはありません。

Cimg1576

4種の茸スープ。まろやかな味。

Cimg1577

麻婆豆腐。あまり辛くありません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«重慶旅行記−6  10/28(土)  5/5