2020.05.27

集英社『OurAge』連載コラム「輝く人の言葉選び」第17回アップされました

集英社『OurAge』連載コラム「輝く人の言葉選び」
第17回「ヘナで感じた「自分をいたわる」ということ」
https://ourage.jp/column/life/manners/208360/
がアップされました。


長年の友人である武藤真紗世さんのヘナ&ハーブカラー専門の

髪質改善プライベートサロン『ソル・エ・テラ』での体験を

書かせていただきました。


髪のよみがえり方がスゴイです。


コロナ禍で中断されていた2度目の取材を、早く再開したいと思いつつ、

新刊の締め切りに追われ、なかなかムーミン谷から出られない私です。

| | コメント (0)

2020.05.01

<その10>ハラスメント研究

<その10>

今年のGWは、コロナ対策で出かけられないので、

お料理の練習と、新刊の原稿と、ハラスメントの

自由研究のお勉強習慣となります。

 

ハラスメント研究の内情は真っ黒(苦笑)。

日本人留学生からインターンまで、節操なく毒牙にかかっており、

自力で逃げ出した女性からメールが。

心身症になってしまったようです。

クリントンのようなクソジジイの娘は当時、不登校になるやらで、

問題多し。

 

 

安藤さんの番組にするのか、フェミのスト団体のイベントにするのかは

まだわからないけれど、これ以上日本女性の被疑者を出さないために、

手を打ちます。

 

#ハラスメント

#セクハラ

#セクシャルハラスメント

#MeToo

#クリントン

#ジョージクリントン
#インターン
#留学生
#クソジジイ
#心身症
#不登校
#安藤優子

| | コメント (0)

<その9>風刺漫画家からのアドバイス

<そ9>

今回の仕事に関するセクハラは、広河隆一事件の流れで知った、

日本フェミニストカウンセリング学会に組み方を話してみようと思う。

解決の糸口一つ、前進っ!

やる時ゃ、ヤリマス。

 

風刺漫画家から抜群なアドバイスをいただいた。

みうらじゅん勝手に観光協会のように、ワーストドレッサー賞のような

セクハララズベリー賞をそいつにあげれば?

賞金はその男の慰謝料で!

審査員は新しい奥さん。

ご褒美は離婚。

受賞してくれるかは疑問だがと。

機転効きすぎです!

| | コメント (0)

«「スッキリ」にMIYABIさんが