« 「その話は長いのか」 | トップページ | 「迷惑飲み」 »

2006.03.29

「やおいの君」

やおい小説とはー。

ズバリ、山無し、オチ無し、意味無しなんだと、

幻想小説が専門のアシスタント

が私に教えてくれました。

それでも、それなりの読者がいるというのだから、素晴らしい事だが。。

そういえば、

そいつの話もつまらない。

いい奴だから、始末に悪い。

世の中、やおい話しってのも、あるんじゃないの〜?

特に相手がお客様の場合は、拷問のごとく、

ニコニコ聞き流すのも、コレ、修行なり。

|

« 「その話は長いのか」 | トップページ | 「迷惑飲み」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「やおいの君」:

« 「その話は長いのか」 | トップページ | 「迷惑飲み」 »