« あいうえお | トップページ | 「松田聖子コンサートツアー2006!」 »

2006.07.20

「明日の記憶」VS「初恋」

このところ、珍しく、2本続けて邦画を観た。

1本目は「明日の記憶」。
(主演:渡辺謙、樋口可南子、坂口憲二、田辺誠一、堤幸彦監督)

先日事務所におじゃました際、泣く子も黙る芸能界の首領(ドン)が、

「これ、行ってきなさい」と、直々に下さったチケットでー。

この時ばかりは、さすがに手が、震えた。

映画は驚異のロングランで花の銀座の東映で観た。

いつもは試写室なので、やはり大劇場はいい!

哀しくて、切なくて、感動した。

翌日、すぐに首領に御礼の電話を入れた。

「ありがとうございました。久しぶりに素晴らしい邦画を観せていただきました。
お客さんもたくさん入っていて、中高年が中心で、女性が多かったです。トイレ
で泣いている人や、溜め息まじりの人もいました。私、とても勉強になりました」

実況中継のごとく、珍しく敬語で私ー。

「どう?良かっただろう。俺は、悲しくはなかったけれど、泣いたよ。認知症は、皆が抱えている問題だからかもしれないね」

「あの、全然関係ないんですけど、私もいずれドラマや映画化されるような作品をこれから書けるようになりたいです。まだまだ、駆け出しですけど。。。」

ビビりながら勇気を出して私ー。

「君は大丈夫よ。そうだね、その調子で頑張りなさいねー」

年に何度かしかお会いしないが、いつも首領は私を励まして下さる。

作家という稼業は孤独なもので、私はいつもまわりの人達のアドバイスのお陰で生きながらえている、と、最近思う。

「何が大丈夫なんだかね。全然不安だらけよ」

横にいる担当編集者に言うと

「あれだけの方がいつかさんをおもしろいと誉めていらっしゃるのだから、自信を持って下さい!次回作、うちでやりましょうよ、ね、ね、ねー!」

と上手なお誘い。いつも思うけど、この編集者は、平成の太鼓持ちになれる。

もう1本の映画は「初恋」(主演:宮崎あおい、中原みすず原作、塙幸成監督)
3億円強奪事件の話だ。
新宿武蔵野館のミニシアターはほぼ満席。

昭和という感じの映画でした。
私も中坊の頃から新宿は遊び場だったので、あそこ、あんなだったよねーと、実感出来ました。

最後にー。
去年の冬、ハリウッドに行った時、映画の話をしたら、どうも噛み合わない。

どうしてか

それはアメリカではヨーロッパの映画は上映されていないのだそうです。

これ、結構みんな知らないのでは?
私も初耳でした。

なんだか政治の匂いがプンプンしますね。

|

« あいうえお | トップページ | 「松田聖子コンサートツアー2006!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「明日の記憶」VS「初恋」:

» [筆文字ブログ]
ラフデザイン3 虎をイメージしてつくりました。 [続きを読む]

受信: 2006.07.23 03時31分

» 「明日の記憶」50代以上に人気 [映画コンサルタント日記]
公開第3週目の週末興収が前週対比98%と絶好調の「明日の記憶」。渡辺謙自身著書 [続きを読む]

受信: 2006.07.23 21時37分

» 映画好きの徒然なるままに [映画好きの映画好きによる映画好きのための...]
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。感想も書き込んでいってね。 [続きを読む]

受信: 2006.08.16 13時41分

« あいうえお | トップページ | 「松田聖子コンサートツアー2006!」 »