« 「悪い噂」 | トップページ | バカレにいってやれっ!!投稿第一弾! »

2006.11.17

「もてなさない女」

先週、

面識のないあるマスコミ人から

イタリア大使館の記者発表とパーティに人が足りないからいかがですかのメール。

困っているのかしらと気掛かりだった私。

運良く当日時間が空いたので、赤穂浪士の討ち入り後の庭が見たくて、電話をして出
掛けてみた。

うちの母方の墓は、現在泉岳寺にある。

なるほど見事な大使館と日本庭園でした。


「急にすみません。リストに入れていただき、ありがとうございました」

初対面で私から挨拶。

「はじめまして。どうぞよろしく、楽しんでってください」と某テレビ記者の彼女。

それっきり。。。

私が声を掛けるまではなんと誰も紹介してくださらず、知り合いとばかり喋っている。


気晴らしに、ワインとイタリアンを食べながら、孤独で重い時間が流れる。


しかし、

悪運が強く、

ただでは帰らないのが私の性ー。

ふと見回すと12年前ミラノで世話になったY子がいるではないか!

「何やってるの?」

相変わらずクールなY子。素顔の私でも見逃さない。

きっと同世代では1番頭がいい大学の教授。

赤穂浪士の庭を散歩しながら5年ぶりのブランクを埋めるべく話した。

「私はずっと教授だけどいつかさんは?」

「結婚して作家になって、離婚して御覧の通りよ」

「まるでジェットコースターみたいね」

「かもね」

私の人生、波乱万丈、褒められたもんじゃない。


せっかく来たからと、Y子は様々な人を紹介してくれた。

今回のイベントも彼女が企画したのだ。

凄い!

私はいきなり鼻が高くなった。

まずはイタリア大使夫人。

「貴女作家なの?エッセイやHOW TOより、燃えるような恋愛小説を書くべきよ!読んでみたいわぁ」

「ならば、次はそうします」(まだ無理無理)

私は口約束を交わしてしまった。


テレビ記者女をY子に紹介した。表向きはニコニコ。

私が逆の立場なら、初めてひとりで来た人に、絶対に淋しい思いはさせないよう勤める。

帰り道、

「ひどい女だねぇ」

Y子が嘆く。

「でもY子がいて、良かったよ、ありがとう」

しおらしく、私ー。


2次回は、ふたりで東京プリンスの最上階のバーで(カウンターがおすすめ)東京タ
ワーを見ながら再会に乾杯!

Y子は常連でホテルマンやバーテンダーがかわるがわる挨拶に来る。

最高の気分!

チャンピオンバーテンダーの黒いマティーニを初めて飲んだ。

Y子もかなり、酒が強い!!

しばらくイタリアの思い出話しや、お互いの近況や未来の夢を語って別れた。

男話しも結構笑えた。


国内講演にヨーロッパ出張。

Y子は相変わらずスマートでイカシている。


年内に古い仲間を集めて飲みに行く約束をして別れた。

自分にポジティブな影響を与えてくれる友人は宝物だ。

|

« 「悪い噂」 | トップページ | バカレにいってやれっ!!投稿第一弾! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「もてなさない女」:

« 「悪い噂」 | トップページ | バカレにいってやれっ!!投稿第一弾! »