« バカレにいってやれっ!!投稿第二弾! | トップページ | バカレにいってやれっ!!投稿第三弾! »

2006.12.13

「女友達」

ある飲み会の席でのエピソード。

「そういえば、私女友達っていないんですよね」

仲良しの敏腕編集者が飲み会の席でひと言。

いいじゃん、かっこいいじゃん。そのフレーズ、私も今度使わせていただこうっと!

私と彼女は仲がいい。(と、私が勝手に思っている)


次の瞬間ー。

「私友達になりますよ。いつでも泊まりに来てくださいよ」

と、初対面の女。

「あーそうですねー」と表は笑顔の編集者。


お前なぁ、友達とは「なりますよ」宣言でなれるものなのか。

気がついたら友達とか、あとでしみじみ感じるものではないのか。

若気の至りなのか、そのお里が知れる発言に幻滅した。


私が辛口なのかも知れないが、こういう親切女は警戒する。

「一緒におトイレ行こう仲間」が苦手だった学生時代を思い出した

吉田拓郎の昔の名曲で「この指とまれ」という大好きな歌があるが

つくづくー。甘いケーキは食えないよと。


私は、華友(調子の良い時だけのつきあい)はいらんから

心友が何人かいれば充分です。

|

« バカレにいってやれっ!!投稿第二弾! | トップページ | バカレにいってやれっ!!投稿第三弾! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「女友達」:

« バカレにいってやれっ!!投稿第二弾! | トップページ | バカレにいってやれっ!!投稿第三弾! »