« 佐渡の加塩バター | トップページ | 女流作家二人によるあさご藩の旅−2 »

2018.03.19

女流作家二人によるあさご藩の旅−1

佐賀県庁からのご依頼で、

「女流作家二人によるあさご藩の旅」

に行ってきました。


初日はJAさがの農家を巡りました。

19_

まずは森永さんのアスパラ畑。

グリーンアスパラと ホワイトアスパラを育てて

いらっしゃいます。

どちらも苗は同じで、ホワイトアスパラは光合成を

させないよう、闇の中で育てるのだとか。

次に訪れたのが、佐賀ブランドの「光樹とまと」。

19__3

育て方もこだわっていらっしゃいますが、厳しい審査を

くぐり抜けたトマトしか、出荷されないのだそうです。

19__4

光樹とまと部会長の古賀さんが、トマトを切って

くださいました。

19__2

このように、ゼリー質の部分が固まらず、散っている方が

食べた時にトマトの一体感が生まれて美味しいのだとか。

光樹とまとは甘み、酸味、旨味のバランスが絶妙で、

干拓地のせいかやや塩味があり、とても美味しかったです。

白石(しろいし)玉ねぎはまだ収穫前でしたので

いただくことはできませんでしたが、刺激が少なく、

水にさらさなくてもいただけるので、サラダに最適

なのだとか。

19__5

こちらも佐賀ブランドの「さがほのか」。

リカちゃんとコラボされていました。

19__6

19_

19__2

|

« 佐渡の加塩バター | トップページ | 女流作家二人によるあさご藩の旅−2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女流作家二人によるあさご藩の旅−1:

« 佐渡の加塩バター | トップページ | 女流作家二人によるあさご藩の旅−2 »