« 3/21 太良町の「まえうみもん」試食会 | トップページ | 女流作家二人によるあさご藩の旅−8 »

2018.03.25

女流作家二人によるあさご藩の旅−7

午後からは、太良町で行われた「まえうみもん試食会」に
お招きいただきました。

21__11

岩島町長と。

21__10

サガテレビの夕方のニュースに取り上げて

いただきました。

21_4

ゲストとしてご挨拶させていただきました。

21_7

21_9

ガザミ(ワタリガニ)、アサリ、竹崎カキ、イイダコ、

日本一に輝いた佐賀海苔の「有明海一番」。

21_10

スズキ、芝海老も。

21_6

靴の底に似ているから「クチゾコ」と呼ばれる

舌平目を煮付けで。

21_1

太良町のコハダは日本一の漁獲高。

コハダは出世魚で、大きくなるにつれ、

シンコ<コハダ<コノシロ

と、名前が変わります。

江戸っ子が大好きなシンコやコハダ、実は地元では

あまり食べられることがないそうです。

立派にコノシロに育ってから、煮付けや天ぷらで…が佐賀流。

21_11

会場になった夜灯見荘のロビーにて。

カニの応接セット、力作です。

|

« 3/21 太良町の「まえうみもん」試食会 | トップページ | 女流作家二人によるあさご藩の旅−8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141955/66611673

この記事へのトラックバック一覧です: 女流作家二人によるあさご藩の旅−7:

« 3/21 太良町の「まえうみもん」試食会 | トップページ | 女流作家二人によるあさご藩の旅−8 »