« 女流作家二人によるあさご藩の旅−1 | トップページ | 女流作家二人によるあさご藩の旅−3 »

2018.03.20

女流作家二人によるあさご藩の旅−2

「女流作家二人によるあさご藩の旅」

初日のランチは名物の佐賀ちゃんぽん。
『明日香』にて、ノーマルなちゃんぽんと、
きくらげちゃんぽんをオーダーしました。

19__7

19__8

ビックリするぐらい大量のきくらげがトッピング

されていました。

豚骨ベースのスープで美味しかったです。

そして夕方から唐津に移動し、駅の近くの『山茂』へ。

唐津出身の割烹の女将さんに聞いて伺ったのですが、

ここはもう、何をいただいても絶品でした!

19__

活けイカと刺身の盛り合わせ。

19___2

活けイカのえんぺらにぎり。

19___3

オコゼの唐揚げ。

19___4

カサゴの煮付け。

そして、仕上げはガード下の曳上屋台の一軒『やよい』へ。

19___5

地元ではポピュラーなミナ。

19___6

取り出すとこうなります。

19___7

焼き豚足。

初めていただきましたが、お餅のようでした。

|

« 女流作家二人によるあさご藩の旅−1 | トップページ | 女流作家二人によるあさご藩の旅−3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女流作家二人によるあさご藩の旅−2:

« 女流作家二人によるあさご藩の旅−1 | トップページ | 女流作家二人によるあさご藩の旅−3 »